ハイレバレッジだよ人生は☆孤高の株戦士・お美沙の館

徒然なるままに その日暮らし PCに向かひて 心に移りゆく相場への想いを そこはかとなく書き綴るblog

バイオホルダー必見! バイオリバウンド指数7月分

爆益舎では、バイオ銘柄を中心に独自の分析を行っております。

 

こんなことやってるのは私だけだと思うんですが、もしかしたら参考になるかもしれませんので今回記事にしてみました♪

 

バイオリバウンド指数とは?

ほぼ90%以上のバイオが今年の3月13日に年初来安値を付けています。
3月13日というのは、コロナショックのピークの時です。

マザーズ指数もこの日に超絶な安値を叩きました。

各バイオ銘柄も異常値ともいえる安値を付けました。

 

この3月13日から約4か月半経過した現在、どれほどリバっているかを示す指数がバイオリバウンド指数です。

 

算出方法は超簡単!
現値を3月13日の安値で割るだけです。

この数値が2.0なら、3月底値から2倍になっている・・ということです。

 

 

では7月末現在のバイオリバウンド指数の一覧表をご覧ください!

 

 

f:id:princessmisa:20200801214910j:plain

 

ご自分が持っているバイオの指数はどうでしたでしょうか?^^

 

一番上にそーせいを記したのは・・・twitterで毎日のように言うてるように新興バイオの支配者がそーせいだと思っているからです。

 

そのそーせいですが、指数は1.3です。

つまり、3/13日のド底値で買った人が今まで鬼ホしたとしても、たったの3割しか利が乗っていないということになります。

そして そーせいの支配力を示すかの如く、他の多くのバイオの指数が1.3近辺になっているのが判ると思います。

この指数が2.0以上のバイオは、3/13日以降に材料が出てひと相場あった銘柄です。

最近全くダメな印象のあるナノキャリアですが、S高連チャンが効き、現値でも2.24のハイスコア!

この表の中で最もパフォーマンスが良いのがステムリム

指数2.95は素晴らしいです。

 

逆に一番あかんのがジーンテクノ

あの3/13日の暴落相場の中、火中の栗を拾うようにド底値で買った人でもたったの+17%しか利が乗っていないことになります。

 

 

そして、この表を見ると、リボミックが結構良い数値なのが判ります。

リボミックは、ステムリムやナノキャリアのように明確な大材料が出たわけじゃありません。

にも拘らず、スコア2.0以上維持しているのは立派だと思う。

 

 

 

さいごに・・

実はこの一覧表・・5月末、6月末だと全然内容が異なります。

指数2.0程度が当たり前でした。

 

しかし7月は多くのバイオが1.3程度に低下。

それだけ7月のバイオの地合いは悪かったということです。

 

結局のところ、3月半ばの底値の時から今までの期間、バイオばっかり買ってた場合、儲けるのは至難の業だったと言えます。
ド底値で掴んだ人でさえ1.3倍にしかなってないのですから・・・

特に7月は負けた人の方が圧倒的に多かったはずです。



だから、現時点で判断するなら春から始まったバイオ相場・・・
甚だしく期待外れだったと断言できます!

でもまだ相場が終わったとは決まってません。


果たしてこの一覧表が8月末にはどうなっているのか??

これは誰にも判りません^^


また8月末になったらこの一覧表を作りますので、もしよろしければご参考にしてくださいませ~



以上、バイオリバウンド指数の記事でした


令和2年8月1日   未登記法人爆益舎  代表取締役 お美沙さん

 

 

 

 

<
/javascript'>parts(1479856,"ffffff","160","001eff",600000,"135","9764","outrank","http://princess-misa5.hateblo.jp/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff");